麦刈り


梅雨の晴れ間に、小麦の借り入れが行われている。安曇野では休耕田でソバや小麦を栽培している。麦は今が収穫期である。以前では人力で収穫作業をしていたが、いまでは機械で行われる。それほどに広い麦畑ではないが、コンバインが収穫作業をしている。安曇野では幸いなことにコロナウイルス感染問題がなく、例年通りの穏やかな季節である。写真提供は小松宏彰氏。
[2020/06/27(土) 9:49 ]

蝶ケ岳の雪形


安曇野から見える北アルプスの山並みの中で、常念岳の隣に蝶ケ岳がある。そこに毎年今頃には雪形が現れる。雪解けによって残雪が蝶の形を造る。大きな蝶がふ化して空へ飛び立とうとしているように見える。地形によるものと思え、毎年同じ形をしている。昔から田植えの時期の目安になっていたらしい。今年はいつもより遅れており、すでに田植えは終わっている。気候変動が変わってきているのかもしれない。写真提供は小松宏彰氏。
[2020/06/14(日) 10:06 ]

なんじゃもんじゃの花


なんじゃもんじゃという不思議な名前の木がある。別名ヒトツバタバコ(一葉田子)という。花の咲く大木になる。ちょうど今頃に花が咲く。白く清楚な花が大木に群がり咲いている姿は、見事である。「高貴な人、清廉」という花言葉のとおりである。数は少なく、絶滅危惧種に指定されている。安曇野では池田町にもある。写真提供は小松宏彰氏。
[2020/06/02(火) 10:49 ]

梅雨を待つ安曇野


安曇野では田植えが終わり、緑の大地が広がっている。農家の人にとってしばらくは骨休めになる。一方、山手の畑ではリンゴの花が終わり、小さな実がついている。農家の人にとっては摘果作業に忙しくなる。今の季節は皐月の風がさわやかで、とても過ごしやすい。安曇野の自然の中で癒される季節である。そしてもうすぐに梅雨がやってくる。写真提供は小松宏彰氏。
[2020/05/26(火) 10:47 ]

りんごの花


安曇野ではすっかり春爛漫となっている。桜花はもう散ってしまったが、田んぼでは田植えが始まっている。山手では春の訪れが遅れていたが、リンゴ畑の花が一面に咲きそろっている。リンゴの花は小さな白いはなびらであるが、清楚な雰囲気を漂わせる。心なごむひと時である。写真提供は小松宏彰氏。
[2020/05/05(火) 9:02 ]

PASS:  
PASS:  
 
 


Osaresan by Tacky's Room