ホームページ終了のおしらせ


本ホームページはリフレッシュして、新たなコンセプトによるページに更新する予定です。
本年末をもって、いったん本ホームぺージを閉鎖します。
これまで長らくご覧いただきありがとうございました。
写真提供は昨年小松宏彰氏。

[2022/11/01(火) 9:45 ]

秋の訪れ


安曇野では、暑かった夏が過ぎて、早くも秋の気配がしている。台風がきて暑気を吹き飛ばし、そして肌寒い涼しさ連れてきたた。秋の風物詩であるコスモスや赤とんぼなどが目に付くようになった。秋は農作物の収穫期である。今年も豊かな稔りになるだろう。写真提供は昨年小松宏彰氏より。
[2022/08/31(水) 9:47 ]

出穂の稲田


今年の夏、コロナウイルス感染拡大と急激な猛暑に日本中が悩まされている。安曇野でも同様である。とはいえ安曇野の水田では例年通り順調に育っており、稲の出穂が始まっている。そして猛暑はこれからの稲の生育には必須であり、秋の豊作が期待できる。リンゴやブドウなどの果樹も猛暑の中で順調に育ち、甘味を増やしている。人々にとって厄介なコロナウイルスや猛暑などは農作物にとっては関わりないもののようだ。安曇野では古代から用水堰の開削を行ってきており、用水不足の心配はいらない。先人たちの血と汗の成果に感謝する。写真提供は小松宏彰氏。
[2022/08/03(水) 10:31 ]

オオルリシジミ蝶


オオルリシジミ蝶は瑠璃色の翅をもつ大型のシジミ蝶で、絶滅危惧種とされ、国内では本州と九州の一部地域に生息している。本州では3か所のみであり、その一つが安曇野である。安曇野には、幼虫の食草であるクララというマメ科の植物が自生しており、そのためこの蝶が生息している。安曇野市では市の天然記念物に指定し、さらにクララの繁殖等の保護活動に取り組んでいる。写真は安曇野市ホームページより。
[2022/07/10(日) 10:21 ]

室山の池に咲く睡蓮の花


三郷小倉地区に室山と呼ばれる小さな山がある。周辺にリンゴ畑が広がる場所であり、地元の人々の憩いの場所となっている。山の上には温泉付きの会食・宿泊施設ができており、故郷へ帰省した人たちにも楽しみの場となっている。山の麓に池があり、散策路が整備されている。今は睡蓮がきれいな花を開いている。はすの花と異なり、水面近くで咲くのが特徴。紫陽花に続く初夏の風物詩である。写真提供は小松宏彰氏。
[2022/07/03(日) 10:15 ]

PASS:  
PASS:  
 
 


Osaresan by Tacky's Room