安曇野の立春


例年、安曇野では春の訪れは遅い。しかしいま立春を迎えたばかりなのに、春の気配を感じる。常念岳もいつもの白く輝く厳しさがない。安曇平の麦畑では、青々とした麦が大きくなっており、春が近づいていることを感じさせる。梅の花蕾も赤みを帯びて大きく膨らんでいる。子供たちも元気に歩き回っている。春遠からじである。写真提供は小松宏彰氏。
[2020/02/12(水) 10:37 ]

安曇野に遊ぶ白鳥


今年安曇野ではおだやかな冬を過ごしている。犀川の白鳥湖にはたくさんの白鳥が飛来し、時には餌を探して近くを飛び回っている。白鳥は穀物や草などを好むらしい。近くの田んぼに舞い降りて餌探しをしている。白鳥たちの動きを一見すると、例年通りに見えるが、この暖冬は好ましいと思っているのだろうか、あるいは困ったことだと思っているのだろうか。写真提供は小松宏彰氏。
[2020/02/01(土) 10:00 ]

令和2年睦月の安曇野


今年は全国的に雪が少ないらしい。安曇野でも同様で、雪のない正月だった。とはいえ北安曇地域ではしっかり雪があり、スキー場は多くの外国人客でにぎわっているらしい。しかし、松原湖では、例年結氷するのに、今年はまだ凍っていないとのこと。どうやら地球は少しずつ温暖化に向かっているようだ。暖かい冬は過ごしやすいけれど、暖冬がどのような環境変化を引き起こすのか、心配でもある。写真提供は小松宏彰氏。
[2020/01/17(金) 9:25 ]

令和2年の始まり


令和の新年を迎えた。安曇野の象徴でもある常念岳の夜明けである。
令和の時代になり、安曇野がこれまでのように平和で豊かな里であることを願う。そして世界中の人々にも平和と豊かさが訪れることを願っている。写真提供は小松宏彰氏。
[2020/01/02(木) 11:04 ]

師走の安曇野





師走を迎え、安曇野はいま厳しい寒さの中にる。今年一年を振り返りながら静かに眠りについている。今年日本中が自然災害で大きな被害をこうむった。安曇野でも被害を受けたが、幸いなことにそれほどの大きな被害ではなかった。来年はどうなることだろうか。佳い年であることを願っている。写真提供は小松宏彰氏。
[2019/12/31(火) 10:37 ]

PASS:  
PASS:  
 
 


Osaresan by Tacky's Room