安曇野の春





安曇野でも桜が満開になった。あちこちでピンク色の桜が華やいでいる。そして大地では、早くも田越し作業が始まっている。早いところでは、水を入れて田植えの準備を行っている。これから5月の連休に賭けて田植えが行われる。安曇野は活気に満ちている。遠くに見える常念岳の雪も、なんとなく穏やかに白く輝いている。写真提供は小松宏彰氏。
[2017/04/25(火) 10:50 ]

安曇野の桜


安曇野でも桜が満開になった。あちこちのソメイヨシノ桜が華やかに咲き乱れている。写真は池田町のクラフトパークに咲く桜である。横浜緋桜という種類とのこと。横浜で品種改良されたもので、赤みがかったピンクの花色で、賑やかな花である。誰が植えたのか分からないらしいが、今、安曇野で咲き誇っている。写真提供は小松宏彰氏。
[2017/04/18(火) 9:45 ]

サンシュウの花


安曇野の春は遅いが、いま、いろんな花が咲きだしている。写真はサンシュウの花である。知人の庭に咲いていたとのこと。サンシュウは小灌木で、花は春に咲き、濃い黄色であり華やかである。朝鮮半島が原産地で、江戸時代に日本に伝播してきたらしい。果実は赤いグミのようなもので、漢方薬に使われるとのこと。写真提供は小松宏彰氏。
[2017/04/12(水) 11:38 ]

わさび畑の今


安曇野はすっかり春めいてきた。桜はまだであるが、あちこちで春の息吹が聞こえる。写真はわさび畑の春の風景である。安曇野のわさびは、穂高地域で栽培されている。北アルプスに降った雨水が地下水となって、安曇野の地下を流れている。それが穂高地域で湧き出るのである。安曇野の先人が、それに着目しわさび畑を作った。大変な苦労と資金を要したことと思う。わさび畑は、今では安曇野の風物詩である。写真提供は川崎克之氏。
[2017/04/05(水) 9:21 ]

麦田





安曇野では麦田が青くなった。常念岳は真っ白に輝いているが、大地は緑と黒色に変わっている。そして日中には穏やかな日和の日が増えている。桜の花の咲くのも、もうすぐである。春はまだ浅いが、安曇野の春である。写真提供は小松宏彰氏。
[2017/03/29(水) 9:44 ]

PASS:  
PASS:  
 
 


Osaresan by Tacky's Room